DokuWiki.biz

オープンソースのウィキソフトウェア「DokuWiki」の設定、テンプレートカスタマイズ、プラグイン開発などのメモ書き。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


maintenance:backup

DokuWikiのバックアップ

このページでは、DokuWikiの設定ファイル、データファイルのバックアップを自動実行する方法について説明する。

DokuWikiは、ページやメディアファイルの修正内容を削除しない限りリビジョンとして保持し続け、過去のリビジョンに戻すことができる。とは言え、誰でも編集できるオープンWikiとして運用する場合は荒らし対策として、その他にも予期せぬ障害に備えて、バックアップは必須である。

バックアップ対象のディレクトリ

DokuWikiのバックアップを取得するにあたって、最低限必要なものは、ルートディレクトリのconfdataである。これらの内容は、それぞれ以下である。

ディレクトリ 概要
conf 設定ファイル
data データファイル

とは言え、DokuWikiはデータベース不要で全てファイルとして保存されているので、他のディレクトリも含めたDokuWiki全体をバックアップしてもよい。その方が復元するときに簡単である。

バックアップの自動実行

Cronによって実行するコマンドは以下のようになる。confdataディレクトリをバックアップ対象とし、14日分のバックアップを保持するようにしている。

#!/bin/sh
 
BACKUP_DIR=/dokuwiki/backup/
TARGET_DIR1=/dokuwiki/conf/
TARGET_DIR2=/dokuwiki/data/
SAVE_DAYS=14
 
DATE=`date '+%Y%m%d'`
echo "$DATE"
 
cd "$BACKUP_DIR"
tar -cjf "$DATE.tar.bz2" "$TARGET_DIR1" "$TARGET_DIR2"
echo "$BACKUP_DIR$DATE.tar.bz2"
 
find "$BACKUP_DIR" -mtime +"$SAVE_DAYS" -exec rm -f {} \;

参考ページ

maintenance/backup.txt · 最終更新: 2018/08/31 20:39:33 by admin