DokuWiki.biz

オープンソースのウィキソフトウェア「DokuWiki」の設定、テンプレートカスタマイズ、プラグイン開発などのメモ書き。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


tool:analytics

DokuWikiにGoogleアナリティクスを設定する

このページでは、DokuWikiにGoogleアナリティクスを設定する方法を紹介する。

Googleアナリティクスを設置できるプラグインplugin:googleanalyticsもあるが、ここではテンプレートをカスタマイズしてトラッキングコードを埋め込む。

トラッキングコードの取得

Googleアカウントにログインして、Google Analyticsへアクセスする。

管理メニューよりプロパティの作成を行い、プロパティ名やURLを入力して保存する。そうすると、UA-XXXXXXXXX-Xのような形式のトラッキングIDが割り振られる。

そのプロパティの「トラッキング情報」⇒「トラッキングコード」を開けば、以下のようなグローバルサイトタグ(gtag.js)が表示されるので、これをサイトに埋め込めばいい。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXXX-X"></script>
<script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());
 
    gtag('config', 'UA-XXXXXXXXX-X');
</script>

DokuWikiデフォルトテンプレートへトラッキングコードを埋め込む

トラッキングコードはHTMLのheadタグへ追加する必要があるので、挿入(組込)フックによるコンテンツの追加に記載の通り、lib/tpl/dokuwiki/meta.htmlファイルを追加し、以下のように追記する。

<?php
    global $INFO;
    if (!$INFO['isadmin']) {
?>
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXXX-X"></script>
<script>
    window.dataLayer = window.dataLayer || [];
    function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
    gtag('js', new Date());
 
    gtag('config', 'UA-XXXXXXXXX-X');
</script>
<?php
    }
?>

このコードは、管理者でログイン時はトラッキングコードを出力させないようにしている。これで、管理者(自分)のアクセスを集計から除外できる。

Google Search Consoleとのデータ共有

最後に、GoogleアナリティクスでGoogle Search Consoleのレポートを使用することができるので、設定しておきたい。

DokuWikiをGoogle Search Consoleに登録するを参考に、Google Search Consoleへサイト登録した後、Googleアナリティクスの「プロパティ設定」⇒「Search Consoleを調整」で、該当するGoogle Search Consoleのプロパティを選択し、関連付ける。なお、プロパティの関連付けは1対1のみ可能である。

tool/analytics.txt · 最終更新: 2018/09/05 14:27:40 by admin