DokuWiki.biz

オープンソースのウィキソフトウェア「DokuWiki」の設定、テンプレートカスタマイズ、プラグイン開発などのメモ書き。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


usage:install

DokuWikiのインストールとセットアップ

このページでは、DokuWikiのインストールとセットアップの手順を説明する。

DokuWikiにはインストール用の設定スクリプトが用意されており、ブラウザからインストール画面にアクセスし、画面に従い入力すれば簡単にインストールができる。

DokuWikiのダウンロード

DokuWikiのダウンロードは、DokuWikiダウンロードサイトより行う。なお、2018年4月現在の最新安定版のバージョンは、「2018-04-22a “Greebo”」である。

ダウンロード時には、人気のプラグインも同梱することができるので、Popular Pluginsのチェックは全てオンにしてダウンロードするとよい。同梱できるプラグインの一覧は、ダウンロード時に同梱できるプラグインに記載している。

ダウンロードしたら、解凍してdokuwikiフォルダ配下をWebサーバーの公開ディレクトリへアップロードする。

DokuWikiのインストール

セットアップと初期設定

公開ディレクトリへDokuWikiをアップロードできたら、DokuWikiインストーラー(install.php1)へアクセスし、セットアップを行う。

ここで設定する主なものは、以下である。もちろん、これらの設定内容は後からでも変更可能である。

  • Wiki名
  • スーパーユーザーのアカウント情報
  • ACL初期設定
  • ユーザー登録機能の有効/無効
  • ライセンス表記
  • 匿名データ送信

ACL初期設定とユーザー登録機能について

ACL初期設定(アクセス制御設定)は、以下の3つから選択可能である。それぞれ選択したものによって、カッコ内の説明のように権限が設定される。

  • オープンWiki(全ての人に、閲覧・書き込み・アップロードを許可)
  • パブリックWiki(閲覧は全ての人が可能、書き込み・アップロードは登録ユーザーのみ)
  • クローズドWiki (登録ユーザーにのみ使用を許可)

ユーザー登録機能については、有効化するとユーザー登録ページが表示され、第三者が自分でユーザー登録することができるようになる。

これから運営するWikiサイトにもよるが、ほとんどの場合インターネット上への公開を目的とすることが多いので、「パブリックWiki」か「オープンWiki」になると思う。Wikiサイトの運営は、初めのうちは管理者など特定の人がページやサイトの大枠を作成していくことになり、第三者に勝手に変更されると困ると思うので、「パブリックWiki」にして、ユーザー登録機能を無効にしておけばよい。

逆に、インターネット上に公開しない個人のメモ帳であったり、仲間内や組織内の人のみ閲覧・使用する場合などは、「クローズドWiki」とする。

DokuWikiのインストール後

DokuWikiのインストールが完了したら、サーバー上からinstall.phpファイルを削除しておく。

参考ページ

1)
http://yourdomain.com/install.php
usage/install.txt · 最終更新: 2018/09/07 13:05:36 by admin